結婚式に持っておきたいサムシングフォー!

青いものはサムシングブルー

花嫁が身に着けていると幸せになれる四つのアイテムをサムシングフォーと言います。もともとは西洋の風習でしたが、日本にも輸入されて知られるようになりました。必ずしないといけないということはなく、好みの問題なのですが自分の結婚式に取り入れる花嫁さんもいるんですよ。青いものはサムシングブルーと言い、幸せを招いてくれるとされています。下着のリボンにあしらわれることがポピュラーですが、マリッジリングのシークレットストーンに使うのも素敵ですね。

借りたものはサムシングボロウ!

サムシングボロウとは、人から借りたもののことです。借りものなら何でもいいというわけではなくて、幸せな結婚をしている人から何かを借りて身につけます。その人達夫婦のようにハッピーな結婚になれるようにという思いが込められています。ドレスの中にしまっておけるハンカチでもいいですし、友人が挙式の時につけていたベールなども西洋ではよく借りられますが、ドレスやベールを持っている人は少ないでしょうから、ピアスなどを借りればいいですね。

サムシングニューとサムシングオールド

サムシングニューは、二人の新しい人生の成功を祈って身につけます。新しいならどんなものでもいいので、他のサムシングフォーの中では一番簡単かもしれませんね。サムシングオールドは古いものを身につけますが、これは母親や祖母のものを着用します。西洋では結婚指輪やドレスを母親などから受け継いだものを身につけることも多いので、簡単にクリアできますが日本ではあまりないですよね。とりあえず母親たちの持っている指輪やイヤリングなどをつければいいでしょう。

結婚式を挙げるなら、海も山もあり、リゾート地を思わせる海を、また、絶景な夜景も楽しめる位置にもある神戸の結婚式場で人生最高の思い出をつくって下さい!